夏季というパパという車中泊の手帳

私のお父さんは自動車の好きなお客で、休みの日にはしっかり自動車の制御を通じていました。身はそんなことをやるからにはどこかにプレイに連れて行ってくれればいいのに、といった密かに思っていましたが、お父さんの唯一のホビーであることも理解していたので不平ながら諦めていました。
そんなお父さんがある夜、移動に行かないかと身を誘ってきたのです。今まで薄いことに驚きつつも、身は二つ返事でそれに頷きました。
靴のまま自動車に上がらない事象、などの細かな世話は受けましたが、初めての移動は概してなだらかでしたね。自動車を大切にしておるだけあってお父さんのドライブは丁寧で、普段なら自動車酔いをしがちな私でもお父さんという内容を楽しむ空席がありました。
お父さんが連れて行ってくれた会社は、海岸沿いの星の綺麗な会社でした。夜の海はとても大きく物悲しい色を通じていましたが、車内でお父さんと一緒なら怖くはありません。単に日の出も眺めていこうという話になって、私たちは車内ではじめ深夜暮らすことになりました。文書を倒してお父さんとカップル、はじめて過ごした水入らずの車中泊は今も激しく心に刻まれています。