車種を大切に乗じるについて

昔それほど乗っていたパパの自家用車は、土足では乗っていけない自家用車でした。乗る前に靴を脱いで、ちっちゃな靴箱のようなところに置いて。乗り物は下に引いて居残る記録に引っ掛けないように心掛けながら、大人しく乗っていなければなりませんでした。車内にゴミ箱は無く、散らかすようなことはしてはいけないって思い切り言い聞かされていましたね。お菓子を摂ることはおろか、水物を飲み込むのも困難で、その上乗った後は自分で自家用車用のバキュームクリーナーをかけねばならず、ドライブはひたすらに不安で緊張を増える雑貨でした。
昔はジレンマばっかりだったこんな制約は、大人になってから少し理解できる雑貨となりました。パパのように細く管理する気にはなれないものの、自分で買った綺麗な自家用車はできるだけそのままの様態を持ちたいって捉え、時間があったら自家用車のメンテをしています。
自家用車を大切に揃えすぎるのは、自家用車を適当に取り扱うよりはいいことですって今は理解しています。依然として当時の自家用車を愛用しているパパの出で立ちを見て、自家用車を長く乗り続けるために必要な点だったのだとわかりました。