車のガソリンを大切

車のガソリンを大切にしよう!って改めて思ったのは東日本大震災を経験してからだと思います。それまではあまり低燃費走行とかも気にせずに自分の思うままに運転していたと思います。

 

燃費を気にしてダラダラ走ってたら後続車に迷惑がかかるとか色々思ってしまってたのも理由でしょう。そんな時に経験したのが東日本大震災です。震災発生時は私は燃費の悪いミニバンに乗っていたのですが、ガソリンの残量はほぼ満タンに近い状態でした。

 

それでも近隣のガソリンスタンドはストップする日が続いていました。やっと開いたかと思えば給油量は決まっており、なくなり次第終了の状態。残量は多少あっても、出来るときに給油をしなくてはいけないという思いから何時間も車を停めて給油を待ちました。

 

 

この時はガソリン代も大幅に値上がりしましたし、ハイブリッドカーがとても羨ましく感じた瞬間でもありましたね。友人や知人同士でガソリンスタンドの情報を共有して時には高速道路のサービスエリアに隣接するガソリンスタンドまで出掛けたこともあります。

 

比較的空いてるって言われてましたが、それでも給油完了までには1時間半くらいはかかりましたね。今はミニバンを乗りかえハイブリッドカーにしましたが、それでも日々低燃費走行を心がけています。