車のドア鍵は赤外線でピッと開くやつ

車のドア鍵は赤外線でピッと開くやつなのですが、
ある日、急に効かなくなりました…。

 

うわ、電池切れってやつかな?

 

ドアがなかなか開かないからと日ごろからボタン連打してるのが
たかったのかな?

 

車の中で鍵をガチャガチャ言わすのが楽しくて、最後尾の座席に立てこもって、ボタン連打したせいで電池が無くなったのかな?

 

仕方なく、鍵をドアにさして回しました。

 

ガチャ。

 

なんだかアナログ…。

 

鍵といえば、最新の車はキーレスエントリーというのが
流行っているようですね。

 

鍵をポケットにいれたまま、鍵が使えるというやつ。

 

あれはすごいですね〜。
時代の進歩を感じます。

 

鍵が近くにあると、ドアの鍵が開いて、
離れると閉まる。

 

鍵が近くにあると、スイッチ一つでエンジンがかかる。

 

めちゃくちゃかっこい〜。

 

私もキーレスには憧れまして、車を買うときにキーレスを探したのですが、
キーレス付きの中古車はまだまだ高くて買えませんでした…。

 

次に乗り換えるときには絶対キーレスがいいなぁと思っています。

 

ところで、鍵の電池が無くなったと思っていた私。
ドライブから帰ってきて、車から降りると、いつもの癖で
鍵のボタンをピッ。

 

ガチャ。

 

あれ?

 

動きました。

 

冷静に考えたのですが、どうやらハンドアだと鍵がしまらないように
なっているようです。

 

あの時はハンドアだったんだなぁ。
古い車ですが、なんだか時代の進歩を感じる瞬間でした。