中古車専門サイトでいくつか

20代前半の独身の頃、どうしても欲しい車がありました。
それは、日産のPAOです。

 

わたしがPAOという車の存在を知った時点で、すでに生産が終わっている車種でした。
でも、あのレトロな感じに一目惚れしてしまったんです。

 

古きよき昭和を髣髴とさせるデザインは、内装も外装もこだわり抜いていて…カーナビやMP3プレイヤーなどが似合わない、アナログを貫き通すべき!と思わされてしまうほど、昭和好きにはたまらない趣でした。
当時はベッドタウンで一人暮らしをしていて、仕事もありがたいことに忙しく、収入もそこそこありました。

 

なので、いってしまえば手に届く買い物だったのです。
中古車専門サイトでいくつか見繕い、見積もりを出してもらって本気で購入を検討していました。

 

生産が終了しているだけに、走行距離が短くて事故歴のないものを見つけると、高くても生活のやりくりを見直して、どうにか購入できないか寝ても覚めても考えていたものです。
結局燃費の悪さを理由に購入を断念。

 

のちに結婚し、子供も生まれて趣味の車にお金をかける余裕がなくなりました。
けれど、今でもごくまれに街を走るPAOを見かけたり中古車販売店で売られているのをみたりすると、やっぱり欲しいなあと思ってしまいます。